夢想家メルシーベビーのブログ

相談所の語学オタク

桜前線を追いかけて

こんな旅行パックが欲しい。桜前線を追いかけて、日本列島を北上して行く旅。 南の方から出発して、桜の開花に合わせて北海道まで。だいたい三月下旬から四月上旬になるだろう。 そんな話を知人とした後、祖母が問わず語りに 「桜をずっと見ていられたらいい…

歌舞伎がもっと和風なら。

歌舞伎の照明を変えてほしい。洋風の光では明る過ぎるのだ。もっと、和紙を透かしたような柔らかい灯り、幻想的な光の中で歌舞伎を見てみたい。 江戸時代には、あんなに明るい照明というのはできなかったわけで、だからこそ、影絵の人に色がついて、それが動…

推しの掛け軸=作れるらしい

mercibaby.hatenablog.com 「掛け軸(アニメイラストの)が欲しい」……と言っていた私ですが、そういうサービスあるんですね。 プリント出力サービス 掛け軸作成 | A.I.J.P. アワガミ インクジェットペーパー やろうと思えば、好きな俳優の写真を掛け軸にして…

靴物語

脚の話。 「日本人にO脚が多いのは、子どもの頃にきちんとした作りの靴を履かないからなんですよ」と靴屋のおじさんに言われた。「まともな子供靴は」と一歳児向けの小さな靴を見せて「これで4500円くらい。ツボを押さえて足をホールドする作りになってます…

蔑視を利用するしたたかさ

蔑視にどう立ち向かうか、を考えた時「それがないかのように振る舞う」「まるで気にしない」という方法がある。向こうはこっちを苛つかせてやろうとか、一発やり込めてやろうと思ってそうしていることを、決して受け取らない。傷ついた様子を見せたりしたら…

Sサイズってそんなにレアなのか

高身長の人が服のサイズがないって言うのは、まあわかる。でも最近、MとLとLLがあってSがないってパターンがあるのですが……近頃の日本人は体が大きくなってきてるのかな。小柄な人って意外といると思うんだけど、みんなどこで服や小物(手袋とか)を買うんだ…

酔狂の値段

少し前に食器を買った、小さなお店に行った。和食器ばかりを揃えているところで、今日行ったのはずっと前に買った箸を修理してもらうためだったのだけど、店に入るなり店主に「お箸(直しに来た)ね?」と開口一番言い当てられて、そんなに頻繁に来るわけで…

メンズノンノ三月号の感想

メンズノンノ三月号を購入したので感想。 亀梨和也は意外と文学青年ルックが似合う。外見はやんちゃなイメージで作られていることが多いけど、本当は根暗で真面目でインドア派、時々雑な普通の男の子って感じが最高にしっくりくる人。 それから吉沢亮。時代…

結婚相談所から、婚活をやめた人の話

結婚相談所からのお便りです。 婚活を諦めるというか、やめる人も当然いる。今日お伝えするのは、再婚を希望していたおじさんの話です。個人を特定できるようなことは書きません。60代男性のAさん。 「結局みなさん(見合いした女性たち)、相手に幸せにして…

東京で、昭和に出会う旅をするなら

東京で昭和を感じたいなら、奥多摩の青梅はいいよ。都心から一時間で出会える昭和。駅に降りたときから、貼られたポスターに懐かしさを感じる。 青梅駅、待合室までレトロ。これはウィキペディアから借りた画像だけど。 自分が行ったときは「かんぽの宿」と…

テレビを見ないなら

テレビ見ないんだけど、買っちゃって部屋にあるから、電源落としたら画面が鏡になる仕様がほしい。

結婚相談所より

いろんなお見合いを見てきた人間として、いろいろ気づいたこと。 ①女の人のほうが何を着るか考えなきゃいけないからややこしい。 男の人はたいていスーツなんだけど、女性だと「その場に相応しい服装」とか、指定が漠然としているのよね…… おすすめの格好は…

現場からは以上です

洗濯機がいきなり水を吐いた。びっくりして修理の人を呼ぼうかと思ったけど、スマホで調べたら「ホースの接続を確認しましょう」と出てきて、その通りいじったらなんとか動いた。知識の共有って素敵。 これで修理を頼んだら、いくらかかかっていたんだろうと…

試験管ベイビー、いいんじゃない?

試験管ベイビーがもっと進化すればいいと思っている。 現段階では、体外受精したあとお腹で赤ちゃんを育てる女性が必要だけど、その過程すらも科学が肩代わりしてくれるなら、セックスや出産が「人間にとって不可欠なイベント」じゃなくなる。いつでも好きな…

ミドルもシルバーもランウェイを歩いて!

「東京ウィメンズコレクション」が見たい。「ガールズコレクション」ではなく。 10代から80代まで、いろんな年齢の女性がランウェイを歩くファッションショー。 いまのファッション界って、若い人たちに偏り過ぎじゃないかなあ。ミドルの女性がランウェイを…

やることやるのがシゴト。仕えることじゃない

森鴎外の「妄想」を読んだら、この頃はシゴトを「仕事」じゃなく「為事」って書いてるのね。これでいいと思う。 昔の表記のほうが「やるべきこと」くらいのニュアンスで決して「他人様にお仕えすること」っていう意味はない。そういう感じのする「仕事」はお…

他人のことが「わかる」わけがない

この世の中には、何一つ想像だけで済ますことのできるものはない。どんなにつまらぬことでも、想像だけで済むものなんか一つもないのだ。僕たちの予想も許さぬ一つ一つの細かなことが無数に存在し、それが集まって、あらゆるものができているのだ。 リルケ『…

コラボ希望!桜田通×ユニクロ

桜田通は、自分の名前を冠した服やグッズをデザインする俳優なのですが。 彼のファン層……女の人たち グッズ買いそうな人……男の子たち という感じで、完全に市場のミスマッチが起きていると思うのね。 だって、彼の作ったブルゾン(真っ黒なやつ。背中にライ…

『高砂』鑑賞――伝統の価値

二三年前宝生の舞台で高砂を見た事がある。その時これはうつくしい活人画だと思った。箒を担いだ爺さんが橋懸りを五六歩来て、そろりと後向になって、婆さんと向かい合う。その向かい合うた姿勢が今でも眼につく。余の席からは婆さんの顔が殆ど真むきに見え…

最近食べているもの

寒い日は人が少ないからいい。昨日は一人で喫茶店にいてチーズケーキを食べていたけど、ほとんど貸し切り状態だった。客は自分のほかにもう一人、書き物をする白髪の紳士がいただけで、店内は静かだった。流れている音楽だけがよく聞こえて、本当に時間が止…

書くきっかけ

文章を書くきっかけって、みんな何だったんだろうって思う。世の中には、書くことが日常の人もいれば、そうでない人もいて。ただ単に文章がうまいっていうだけでは、何かを言葉にして書き残そうって気にはならないと思うんだ。うまくなくてもブログを書いて…

耽美主義者大好き

耽美主義の小説家は、もっと認められていいと思いますね。具体的に言えば、サマセット・モームとオスカー・ワイルド。『月と六ペンス』は、芸術家がどんな種類の人間かを繊細に描写してあまりあるし、あらすじよりもその文章表現を楽しむものとして価値が高…

ゆめゆめ思わない

数日前に夢を見た。いつも穏やかで温かい上司から「君は振られたんだよ」という、冷たくてそっけないラインが来ていた。その後に、ずっと好きだった人に連絡先を聞いたら、そういうのはちょっと、と断られた。振られた、と思った。 他人の話だったら、冷めて…

コンビニの名札

コンビニ店員が好き。 店員の存在なんて日頃そんなに意識しないけど、それくらい彼らが気配消して働いていてくださるってことよね。尊いわー。 ところで、最近ローソンの名札はフルネーム表記になったんですかね。新しく入ったらしきバイトの人たちの名札が…

表現することは晒すこと

川谷絵音ってすごいな。「私以外、私じゃないの。当たり前だけどね」っていう歌詞、天才的に何も言ってない。何も心に来るものがない。 なんかこう、チャラくて口のうまい人の典型っていう感じがする。薄っぺらいのに、なんかいい気分になるっていう。例えば…

それでも「かわいい」を支持する理由

日本の「かわいい」っていう文化は、セクシー一辺倒よりは、はるかにマシだと思う。 欧米のアイドルたちの「とりあえずセクシーならいいだろ」的な雑な売り方が嫌だ。知性のないセクシーは、なにか痛々しい。男のために体くねらせてます~みたいなのが透けて…

ハリーポッターに思うこと

ハリーポッターってよくあんなに流行ったなと思うんだけど、 ①そもそも人は子どもが苦難に耐える話が好き(おしん、ホームアローン) ②冴えない男の子が異世界では大スター ③生まれつきの才能ですべてが許されている みたいな、言い方は悪いけど「都合のいい…

ベーシックインカム欲しい

bizacademy.nikkei.co.jp 労働力と物を交換する……悪くない。ホームレスの人も、働いて食べ物を貰えるって環境が整えられれば、働くようになると思う。炊き出しみたいに無償じゃない、何かしら生産性のあることをして、対価として糧を得る、っていう。 ベーシ…

ガラスの食器ほしいな

富山ガラス工房にいる、鈴木亜紀子という工芸作家が気になってる。 少し前に愛知県瀬戸市に行った。ここは瀬戸物の街、陶器と工芸にゆかりのある地なのであって、街中に陶器屋がある。日用品の陶器が、100円で投げ売りのように売られているのは、他の地域で…

LGBTについて思うこと

自分はひょっとしたら、周囲に合わせて異性愛者をしているんじゃないかって思う。世の中の大半の女性が、同じ女性を好きになる世の中だったら、それはそれで適応できたんじゃないか、いま自分が男性を好きになるタイプだって自称してるのは、それが世間でメ…