読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アッサムはセカンドが王道

 冬は、ミルクに負けない強い紅茶を飲むのがいい。秋に摘まれたアッサムは、夏摘みよりも味が濃く出る。今年は、マンガラム農園とナホルハビ農園のアッサムを買って飲んでいるけれど、いい!バナスパティ農園のも来ているらしいのだけれど、上記二つのほうが好みだったので購入した。ただ、このクオリティに慣れてしまうと、変なお茶は本当に飲めなくなる。

 同じセカンドフラッシュなら、ダージリンだってあるのだが、こっちは夏のファーストフラッシュのほうが好きなので、冬場はお世話にならない。夏摘みは、爽やかで軽やかで、年の若い人には、こっちのほうがいいんじゃないかと思う。ダージリンセカンドは、オトナな味わいだよ。私にはまだまだ、その良さが腑に落ちない。年が明けて、柔らかい味のオータムナルが出たら、その時は買うかもしれない。

 今年、一番飲んだのは、間違いなく花蓮蜜香だろう。リーフで、何袋リピートしたかわからない。パソコンに向かう時に、夜寝る前に、夕食時に、お昼の水筒に…とにかく飲んで飽きない。台湾茶には、台湾茶用の流儀があって、普通に紅茶を飲むのとはだいぶ手順が違うらしいけれど、そんな本格的でなくても、茶葉とお湯で十分、おいしさは満喫できる。向こうの人は、茶葉をカップに入れて、そのままお湯を注ぐんだそうだ。お茶受けには、生姜を使ったものが合う。甘いものが苦手なので、ジャムは買わないけれど、ジンジャージャムを合わせても、かなりイケるとは思う。

 そんなこんなで、しかしシメはアッサム・セカンドである。偉そうなことは言えないけれど、だって、冬って感じがするのです。