読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美少女画と言えば

 美少女画と言えば、陳淑芬(チェン・シュウフェン)が最高だと思っております。手に取ったことがあるのは『童話標本』一冊だけれど、ネットに上がっている画像のひとつは、職場のPCの待ち受けにしているくらい、癒されるし美しい。真っ赤なチャイナ服を着た女の子が、伏し目がちに手紙を手にしている、奥ゆかしさ溢れる一品。もう一枚、気に入っているのは、やっぱりチャイナ服を着ている、肖像画みたいにまっすぐ前を向いて微笑む女の子。

 日本人は白人コンプレックスを抱えていると言われているが、実際には、「外国の要素を持っている東洋人の顔」が好きなんじゃないか、と思う。陳淑芬の絵みたいに、黒髪に黒い目、東アジア系なのは明らかで、でも目は二重でパッチリ、という。橋本環奈にしても、まゆゆにしても、そんな感じではないか。あとは私がどこかしら東洋のエキゾチックな雰囲気に惹かれているのもあって、この人の描く女性が、今のところ一番好き。女優で例えるなら、木村多江やリン・チーリンか。

::平凡・陳淑芬(ピンファン&チェン・シュウフェン)日本公式サイト ::