モダニズム建築の覚書き

 前川國男という建築家が、東京文化会館の設計を任されていたそうで。最近知りました。この会館は、中に入っても屋内って感じがしない変わった造りになっていると感じてはいたけど、その「内と外を連続させる」という発想が、そもそもモダニズムの根底にはあるのね。だから、外壁と連続するようかのように、同じ柄の壁が内側にも使われていたり、建物の中に建物があるような、入れ子構造になっている、と。

 前川はル・コルビュジェの直弟子、丹下健三の師匠。東京文化会館内にも使用されているスロープには、コルビュジェの影響が見られる。コルビュジェも、会館の正面に建つ国立西洋美術館の中に、階段ではなくスロープを使用している。なだらかな坂に美学を感じていたんだろうか、二人とも。それとも階段が嫌いだったのか。

 下に重みを持たせず、宙に浮くように見せる建築方法のことをピロティというのかな?これもコルビュジェ、前川両者に共通して見られるやり方で、これまでの大地からピラミッド状に立ち上がる建築からの脱却した。文化会館はガラス張りで、これが余計に建物に軽さを与えている。大ホールのホワイエ(開演前の、人がわらわら集まるところ)の上は、ランダムに配置された、たくさんの小さな丸い照明が星みたい。床は落葉を思わせる柄タイル。壁にはところどころ、焼き物が使われている。

 好きな建築家は、今をときめく隈研吾だけど、この人はモダニズム以降を生きている感じがする。コンクリートに走らず、歌舞伎座を建てる際には、伝統的な「赤」を配色することをいとわないで、日本的ながら新しい外観に仕上げていた。歌舞伎座を初めて見た時は、ちょっと冷たい感じもしたけど。この人は、木を使う建築のほうが本領なんだろうな、と思う。新国立競技場も、木と緑のイメージだし。建築に興味を持ったのも、思えばこの人の本がきっかけだった。

自然な建築 - 岩波書店