読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

成功は予測できるか?

 『成功は”ランダム”にやってくる!』を読んでる。簡単に言うと。

 ルールが固定化されているスポーツやボードゲームの世界=努力が報われやすく、「一万時間やれば天才」という説がほぼ当てはまる。素人は参入できない。

 逆に、ルール自体が頻繁に変わる市場での経済活動=要因が複雑に絡み合い、成功の予測は難しい。ど素人が大ヒットを飛ばすことは珍しくない。

 確かに、文学の素養がまったくない人が、ベストセラーを出すこともあって(『野ブタ。をプロデュース』とか『恋空』とか懐かしいな)、それは理論ではなく、強いて言うなれば時代の空気を読んだってことで説明がつくんだろう。でも空気って何?あとから考えて「あの時代にあれが受け入れられるのは必然だ」と言ってみても、それを事前に予測できるのでなければ、成功にはつながらない。

 学校の先生たちって、よく「努力すればいつか報われる」調のことを言うけど、そんな精神論は教わりたくない。それよりも、この世の中にはあらゆる格差が存在するが、そのハンデを、どうやって埋めるなりバネにするなりしていくかっていう、戦略的なことを教えてほしい。「Aちゃんの家は裕福で塾に通える。でも、決して裕福ではないBちゃんでも、勉強で引けを取らずにいる方法はある」そんな風に、もとからの不平等を認めて話をしたほうが、現実とのズレが少なくていい。頑張れば報われるのは、ルールがほとんど変わらない時であって、人間関係や世間なんて、簡単に昨日のルールを変えてくるんだから。

 成功を目指すなら、複雑な要因があることを受け入れ、行動し波に乗ること。言うは易く行うは難し、だけど、やみくもに努力しろって言うより、ずっといいと思う。