読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地域格差 都会とそれ以外

 「クラスの男子が女子の格付けやってる!」「それで最下位とか言われた、最低」って話を聞くんだけど、私の周囲にそれをやっていた男はいなかったと思う。おおっぴらにそんなことやったら、女子から非難されるのが当たり前じゃない?もし女たちがそれを見てたら「お前らも格付けしてやろうか」「調子に乗るなよ」とすごんでいたに違いない。私のクラスはそんな感じだった。男子に向かって「お前」呼ばわりしていたし、男女を問わず下の名前で呼び捨てが普通だった。田舎だったせいかな。

 そういう環境で育った人間にとって、学園ドラマで「○○くん」とか言っているのを聞くと「フィクションだろ、こんなの」と思ってしまう。いや、実際にいるの、知ってるんだけど、それでもなんか違和感があるんだよなー。なんでそんなに、女の子は女ぶるのが定説になってるの?って。男の子がやたら「~だぜ」とか言うのも非現実的に聞こえる。最近の子たちって「~だよね」とか、男性でもやたらソフトな物言いが多いと感じているので、ドラマは本当に非リアルで、まったく感情移入できないから、しまいには見なくなってしまった。

 それは、テレビが東京基準で作られている以上、田舎の片隅のリアルに即していないのは当然なんだけど、非-都会って、完全に無視されているんだなと思う。中央と地方の差が、そもそも見えてない人たちに、その差を是正しろと言っても無駄だ。都会の中高一貫校出たような人に、田舎の孤児院の暮らしがいかに恵まれないか話しても「親が悪いね」の一言で終わったりして、地域格差と貧富格差が重なると、その上の層と下の層とでは、通じる言葉すらなくなる。

 そういえば、トランプを産み出したのは、アメリカの非都会の人々だった。