拒食症間近

 近頃、食べる量が減っていい加減やせたのだけれど、モデルの子たちはもっと細いらしい。彼女たちは一体、何を食べて生きているんでしょうか……。

 痩せているのがモデル、と言われると「すなわち痩身が美の基準」と単純に思ってしまいそう。そんなわけないんだけどね。モデルは、写真写りがよく、服を綺麗に見せられればそれでいい。それと「美しい」こととは、また別物だと思う。

 女の子の多くが勘違いしてるのは「痩せればモテる」ってとこだろう。「痩せる=モデルに近づく=かわいくなる=モテる」という論法らしい。冷静になって考えてほしい。モデルがモテるのは、その外見に加えて、カメラマンの要求に応えるコミュニケーション能力と、カメラの前で自然な笑顔を作るだけの度胸があるからで、そこに「痩せている」っていう要素はあまり関係ない。

 と言いつつ、ウエストを測りながら「モデルの平均は52~53cmか…」と思う自分がいる。好きなだけ食べて太っていた頃は、拒食症になんてなったりしないと思っていたのに、今では「食事を減らせばもっと痩せるかも」という考えが頭をよぎって、体重が減ると小さな達成感がある。こうやってガリガリになっていくんだな。

 それでも、自分が骨と皮だけになることはないと思う。昔の友人に、160cm、37kgの女がいて、ガリ子と呼ばれていたのを思い出せば、それだけで食事をする気になる。「女の子なのに50kg以上あるの?!」なんて言う輩は放っておいて、肉も野菜も食べるべきである。スイーツはちょっと控えめに。