読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「出会いがない」って本当に?

 14日に、誰かに会ったらあげようと思ってクッキーを持ち歩いていたら、誰にも会わなかった……というのは嘘で、レジの店員さんとか、部屋に荷物を運び入れた配送員の人とは顔をあわせたし、会話もしたのだ。「誰かにあったら」の「誰か」が、無意識のうちに知り合いに限定されていたから、カウントされなかっただけで。それに気づいた今、そうか、あの人たちにあげたらよかった、と思いながらクッキーを見つめている。

 出会いがないって言う人がいるけど、本当に?道ですれ違う人も、電車の中で隣に座る人も、話しかけたら案外、振り返ってくれるかもしれないし、お菓子くらい受け取ってくれるかもしれない。きっかけがなかったら、とりあえず道を訊けばいい。そのお礼という体でなら、なにか渡しても不自然じゃない。見知らぬ人に話しかけるのは、若干ハードルが高いけれども。

 もっとも、既に出会っている人のほうがよほど大切だから、そういう人々に気を配るべきなんだろう。来年は父親に何か贈ろう。会わない人には、一言「ハッピーバレンタイン!」ってメールでも送ってみるか。