本日のドイツ語

 <家庭音楽会、ホームコンサート>…die Hausmusik

 家庭音楽会っていい言葉だな。毎週、みんなで歌を披露しあう家庭とかあったら混ざってみたい。小さい妹はノリノリで歌っていて、思春期のお兄ちゃんはそういう家族の習慣を恥ずかしがって嫌っているんだけど、お父さんは構わず「酒と泪と男と女」とか歌ってて、お母さんは微笑ましそうにそれを見守りつつ、お付き合いで綺麗な曲を歌って、それで締める感じのホームコンサートを思い浮かべる。

 もちろん、音楽会っていうからには楽器をやらなきゃかもしれないけど、声だって誰もが持つ楽器だから、家庭内カラオケ大会に過ぎないと言われても、それだってHausmusikと呼ばれうるのではないか。芸術がどこから生まれるかなんて議論はしませんけど、家庭で気軽に体験できたらとてもいいと思います。

 英語にはない単語らしい。hausemusic、home concert、どっちで調べても出てこない。フランス語でも出てこないから、調べ方に問題があるか、そもそも単語がないかのどっちかだろう。ドイツ語は造語が得意だから、その結果生まれた、特異な言葉なのかもしれない。なんにしろ、日本にもそういう文化があればいいなー。