外国語のリスク

 外国語を学ぶリスクというのはある。言葉って、思考をはめる枠みたいなもので、これを外国語にするっていうことは、相手国の文化や思考習慣に、知らず知らずのうちに染まるってことだ。例えばアメリカ英語の習得に躍起になる人は、どんどんアメリカンな人間になっていく。そうして一部の人は「もったいない」ではなく「不経済だ」と言ったり、「寿司」と言わずに「スゥシィ」などと言うようになる。あのさ、もうそれは日本人でもアメリカ人でもない「できそこない」だよ。エセアメリカンより、純粋日本人のほうがいいっていう感覚、彼らにわかってもらえるだろうか。アメリカ人以上にアメリカ人になることなんてできないんだから、目指すのは「英語を使える日本人」だ。「生まれつきのアメリカ人」は目標にはならないし、そもそもそんな目標、達成できない。

 外国語を学ぶことは、下手すれば魂を持っていかれる行為だ。大袈裟な表現になるけれど、本当にそう思う。覚悟もなしに相手国に合わせようと頑張ると、歪んだ日本人ができるだけで、何もいいことがない。上手に外国語と付き合って行けるのは、もう個人としての思想がある程度出来上がっている人だけだ。

 どうして複数の言語を学ぶんだ、と聞かれたことがある。英語だけで十分じゃん、と。違うんだよな……。英語に染められるのが嫌だから、リスクを分散させてるんだよ。あと語学だけ勉強すると人間が歪むから、できるだけ思想とか文学も合わせてやる。もちろん、その勉強は日本語でやる。母語にない語彙は覚えられない以上、大事なのは母国語でどこまで語彙を持っているか、が大事になる。話せればいいってものじゃない、というのは、繰り返し主張していきたい。