読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

足のサイズが変わった話

 足が細くなった。legではなくfootの話である。靴を買いに行ったら、もうワンサイズ下のものがぴったりですよ、と言われた。

 足を測るときのポイントは、足の長さと厚さであり、長さはcm、厚さはEで表される。私の場合は23~23.5cm、高さはEE。2Eとも表記されるが、これは厚みがないほうである。つまり平坦な足だということだ。ところが今日、靴屋のマダム店員から

「お客様はEのほうが……でも、Eの商品は数少ないんですよ」

 1E。平らな足が更に平らになったらしかった。商品の多くは、2E~4Eだから、日本女性の大半は、私よりも分厚い足をしているらしい。

「これだけの数があってもね」

 と店員は売り場を見渡して、

「Eの靴っていうのは、二種類しかないんですよ」

 1Eの下は確かDだった気がするけど、そこまで足が薄くなったら、既製品ではもう追いつかないだろう。幸い、二種類のうちのひとつは気に入ったから、いただいて帰って来た。

 足のサイズは変わるものらしく、履いている靴に影響される場合も多い。私は足の幅が広いから、と思って1cm大きいサイズを履いていたら、だから足を痛めるんだと注意されたことがある。あの時は、3Eの24cmだった。爪先を痛めて、小指にタコができたけど、そういうものなんだと思っていた。体に直接触れるものを、自己判断で買うのはリスキーだ。知識のある人に選んでもらったほうがいい。

「ちゃんとした靴を履いていれば、Dまで細くなります」

 と言われた。次からは、靴を選ぶのが難しくなりそうだから、どっかで「足が薄い人向け」と銘打った靴を展開してくれないかなーと思っている。ニッチ分野だし、ビジネスチャンスなのに。