日曜日、実際外には出たくない

 ドイツでちょっとだけ暮らしたことがある。日曜日は、どこもかしこもスーパーが閉まっていて「休日は食料調達すら難しいのね…」と思った記憶がある。「だから日本もサービス業に休みを!」と言いたいわけじゃない。それはちょっと待ってねって感じ。私だって土日にコンビニくらい開いててほしい。第一、今の日本社会を変えようとしても、大規模に変えるのは個人の力じゃ大変。

 そうじゃなくて日曜日に出歩く人間が減れば、あの人たち(店員とか働いてる人)だって仕事の合間に息がつける。すごい規模の小さい話だけど、そこから変えていかないといけないくらい日本の働き手は疲弊している。私は日曜日の昼間には外に出ない。通りは人で混雑するし、喫茶店は空いてないし……それくらいなら、辺鄙なところに小旅行でもしたほうがずっといい。そうすれば田舎も潤うし。それができないなら、家で過ごすのが人々のためだ。ひきこもりを糾弾する気にならないのは、外に出て誰かを煩わせるよりマシって思ってるからだ。

 人気のお店に並ぶ人より、自宅で本読んだり、ギター弾いたりしてる人のほうが創造性が高いと思うし、これからは「創造性」を人を評価する大事な要素にしてほしい…企業や学校が、じゃなくて個人レベルでも。シャネルのバッグもNYで人気のコーヒーのお店も、金さえあれば体験できる。この社会は、金で買えない価値っていうのをもっと真剣に考える時期に差し掛かっているし、もう少ししたら「消費以外に能のない人間を排除せよ」と言う人だって出てくるかもしれない。なんにせよ、日本が差しかかってるのは、何か大きな分かれ道なのだと思う。