読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

哲学思い出し

 「存在すること、そのものに疲れてしまう」みたいな表現をしていたのはレヴィナスだった。すべてに嫌気がさすことってあるけど、あれって一体なんなんだろう。予定はあるけど動きたくない、何もかもうっとうしい気分になる、あの倦怠。

 レヴィナスはフランス系ユダヤ人、哲学者だった。ハイデガーより後の人で、すごくハイデガーを意識した発言をする。第二次大戦後のドイツとユダヤとの関係の微妙さがそのまま反映されているかのようだ。ハイデガーがAと言えば、レヴィナスがすぐさまnot Aと言う。

 ハイデガーは、人は死に向かって在る存在で、死までの日々を目覚めて過ごそう、みたいな人なのだが、「生きていること自体に倦み疲れる」その着眼点がすごいと思うから私はレヴィナス派。