身近な魔法使い

 美容師の腕がいい。鋏をスイスイと動かしただけで、はねていた癖毛が消える。髪を伸ばしていることを伝えると「長さは切りませんからー」と言って量だけ器用に取る。外観はほとんど変わらないのに、乾かすのが楽になって、傷んでいたところもハネも消える。モサモサしていたのが、綺麗なロングヘアになった。こういうのを見るたび、魔法使いみたいだと思う。私がいくらかの紙幣を渡されても、こんなことできないから。彼女にしてみれば、美容学校を出て淡々とキャリアを積み、仕事と向かい合ってきたに過ぎないのだろうけど、その結果は、素人から見ると奇跡みたいだ。

 靴を直してくれた人もそうだった。底が擦り減っても捨てるなと言われていたので、踵がなくなった時に持って行くと「一回、靴を分解します。底を張り替えますから」と言われた。修理費用が八千円ほどかかるんですが、と言われたけど、それを無料でやってもらう馬鹿がどこにいるのか。革靴の底を張り替えるなんて、素人に100万円渡したってできやしないのだから、一万円以下でそれができるなんてすごい。プロのする仕事はいつも魔法みたいだ。

 専門家が当たり前のことを当たり前にするだけで、それは魔法になる。私も魔法使いになりたい。