みんな持っている体は違うのだ

 綺麗に撮られた女の人の義足を付けている写真を見て、なんだかいいフォルムだなと思った。義足で普通に立っている感じが、メカニックでも有機的でもない身体の可能性を感じさせるというか。義足モデルっていうジャンルがあること自体は、今日初めて知ったのだけど、こういう「体の一部が器具」っていうところに新しいアートを感じる。

 今日は無印良品で少し買い物をして、並んでいる間、レジにいる店員さんを見るともなしに見ていたら、偶然みんな女性だった。一人はかっこいい系のメイクを施したハリウッド女優みたいな趣きで、一人は天然素材の似合いそうな柔らかい雰囲気、もう一人はほぼすっぴんのベリーショートで、活発そうな人だった。美しさも多様だなあと思ったし、これが三人とも似たような外見だったら、例え美人であったにしても「なんか退屈な光景」と感じたに違いない。いろんな人がいるってやっぱいいね。何がいいって風通しがいい。自分が多少「普通」のラインを外れたところで、きっと生きていけるっていう自然な希望が持てる。

 「みんな違う」の意味は「すべての人が異なる身体を持つ」っていう、とても具体的な観点からまず見られていいと思う。内面はそりゃあ違うだろう。ではなくて、生まれつき足がよくないとか、いわゆる美形だとかそうでないとか、単純に性による体の違いとか。そこから話を始めていったほうが、いきなり「世の中には障がいを持つ人もいるのです!」って説教口調で始めるより、バリアフリーの考えをよくわかってもらえるのでは。

 「顔やスタイルが生まれつきよければモテる。醜く生まれつけば人生がハードである。ならば不細工は障がいである」と言う人もいるけど、それだって身体の違いのひとつなわけだから、ハンデつけてくれよって意見もわからなくはない。どこからが障がい者なのか、なんて実際にはひどく曖昧みたいだ。