自分宛ての手紙

f:id:mercibaby:20170808223011j:plain

 愛知県岡崎市のガラス展のDMが綺麗。捨てられたガラス瓶をリサイクルしたのだとか。下の便箋はHallmark社のレターセットのもので、花柄が素敵だったから買ってしまった。

 

 小さい頃、誰かから自分宛ての手紙なり荷物なりが届くと嬉しかったな。受取人の欄に自分の名前があることで、一人前の人間として認められている気になったのかもしれない。大人になっても、誰かが自分を思って送ってくれるものは、中身もそうだけど、それ以上にその手間暇をかけてくれたことが嬉しい。ビジネスは徹底して効率を追求すればいいけど、プライベートはアナログでいい。

 このごろ頻繁に手紙を書くのは、可愛いレターセットが手に入ったことと無縁ではない。メールやラインに取って代わられているとは言え、手紙にはまだまだ価値がある。なにせそれは「モノ」だから、形があって手触りがあって装飾の楽しさがある。手紙の柄が素敵だっていうのと、ラインのスタンプが可愛いっていうのは全く別モノだよね。

 もっとも、うちの父は字が下手だから、ワープロはじめ活字機器の台頭を喜んでいた。これで恥ずかしい思いをしなくて済む、と。そう考えると、書字文化っていうのは手書きが減るにつれてよりエリートの遊びっぽくなってるってことか。習字の時間に、自由過ぎる字形を怒られていた自分としてはなんだか残念。みんな、もっと自分のフォントを愛そう。字を書こう、手紙を書こうよ。