素朴な疑問

 なんで男の人ってこうなんだろう?と思うことのひとつ。下着の色を知りたい人が一定数いるの、あれってなぜ?

 学生の頃に人気のない道を歩いていたらスカートをめくられたことがある。その時はストッキングとペチコートをはいていたからパンツは見えなかったはずだけど、なんでそういうことをする?気持ち悪いと感じる以上に、不可解で仕方ない。

 それくらいだったら強姦のほうが(罪は重いけど)「子孫を残したい」という本能の延長線上にあるものとしてまだ理解できる。でも「下着を見るだけ」とか「その色を知るだけ」って、それの一体なにが面白くて、変な質問や行為に及ぶんだろう。パンツって、究極的にはただの布だよね。

 自分なら、好きな男がいても下着の色なんかどうでもいい。紫だろうがヒョウ柄だろうが好きにすればいい。それを聞いたからって興奮したりしない。仮に自己申告で教えてくれても、ただの迷惑って感じだ。

 漫画でも、女性キャラの下着が見えると男性キャラが「白」とか「ベージュ」とか反応するけど、わからないんだなー、これ。実際の生殖行為には関係ない以上、そこにあるロマンを楽しんでるってことだろう。想像力の賜物、人間らしさの極みって感じがしなくもない。考えてみれば、そういう部分で日本の男性たちは人一倍「夢見がち」なのか。そうでなければ、二次元もここまで流行らないだろう。

 そうか、イマジネーションの国に住んでいるのか、自分は。