最近、一重が大好き

 今日、街で見かけた赤ちゃんが本物のベビースキンで可愛かったのだけど、綺麗な一重の目をしていた。奥二重でもない、まぶたがするりと瞳に続いてる、THE・一重。英語では「アーモンド・アイ」とか「アジアン・アイ」とか言うらしい。山口小夜子的なアレね。

 昔は二重の子が可愛いと思ってたし、思春期には自分の顔を見ながら(奥二重)、整形しようかと悩んだこともあったというのに、なんの心境の変化なんですかねえ……。時代が変わったわけじゃない。芸能人で外見をもてはやされている女の子たちは二重が多いし、目の整形もアイプチも、一向にそのブームが止む気配がないんだから。変わったのは自分の好みだ、でもきっかけがわからない。

 ひょっとしたら以前は、世間がいいと言うものを漠然と評価していたけど、しばらくして自分の好みに気づいたってことかもしれない。そういう個人的な感覚は、たとえ理解されないにしても守っていきたい。ていうか、二重をことさら持ち上げる風潮は、整形や化粧品で稼ぎたい!っていう商業界の意向と関係あるよね?ああいうものは、人々が自分の素顔を否定すればするほど売れるものだから。

 でもわたしは、それで稼いでる人間じゃないからな。切れ長の目は美しい。それは持って生まれた美しさで、変容させずに保存すべき宝物だ。証拠は……「山口小夜子」で画像検索すれば出てくる。