自分探しですか?

 そういえば「自分探し」って言葉あったな……。10年くらい前に流行ってたって感じがするけど、あのころ自分を探していた人たちは、結局見つけられたんだろうか。

 理想的に生きている架空の自分のことを指して「本当の私」なんて言うことに違和感がある。私は今ここに生きている私ひとりで、それが何よりも本当の私じゃないか。認めたくない欠点のことだけ都合よく「偽物の私」とまとめてしまえるなら、それはそれで気が楽だろうけど、それってただの現実逃避だ。

 人は何かであるんじゃなくて、これから何者かになっていくんだ。大学で学んだことのひとつはこれ。だから何者になりたいのかよく考えるのが大事なんだけど、そんなに「なりたい自分像」みたいなのがあったわけじゃないから、そんなこと言われてもどうしたらいいかわからなかったんだけれど。

 わからないならわからないで生きていける世の中がいいな、と思う。大半の人間は自分が本当は何を望んでいるのかも知らないし、知らないで死んでいった人のほうが多いだろうし、それで世の中が回らなくなったかっていうとそんなことはないのだから、別に探した自分が見つからないまま生きていたって構わない。だから「本当の人生の目標を見つけて熱く生きるんだ!」と拳を掲げる人は、探して見つからなかった時、絶望して自殺したりなんかしないでほしい。