メルシーベビーの日常ブログ

美容、音楽、趣味のブログ。生きやすくなるヒントも書いていきます。

おもしろき こともなき世を そのままに

 おもしろいことがないからって、わざわざ作り出そうと頑張るのも変な話で、つまらないなら退屈なら、それはそれでいいとしよう。別にいつもいつもキラキラしてなくたっていいし、世の中の大半のことって地味でしょう。

 「そこにある面白さに気づけること」と「面白さをわざわざ作り出すこと」は全然別モノで、後者のほうがよっぽどエネルギーが要る。そんなこと、しなくたっていいじゃない、目の前に興味深いことはたくさんあるよ、ほら。そう言うのが前者。こっちのほうが、私は好きだ。その代表例が、佐藤雅彦深澤直人。この二人はやっぱすごいな、視点をするりと変えるだけで、日常的な光景を違うものにしてしまう。原研哉が言っていたことだと思うけど「この男を悪の手に渡してはならない」本当にそう思う感じ。

 ピタゴラスイッチも、無印の壁掛け式CDプレーヤーも、ナイスアイデアなんですよ。もちろん、彼らの作るもののすべてがすべて当たるわけじゃなくて、佐藤雅彦の小説はなんか惜しかったと思ってるし、深澤直人がデザインしたパナソニックのドライヤーは、ちょっとダサいなと思ってる。それでも作り続けるから、彼らは表現者として生きていけるわけで、表現しづける限り、どこかできっと当たりは出るんだろうと考えてる。