メルシーベビーの日常ブログ

結婚相談所の語学オタク 

イノベーションが欲しいならね

 携帯電話が、声を吸い込んでくれたらいいのに。そうすれば他人に聞かれるのを気にせずに通話できるし、公共の場で電話しても周囲の迷惑にならない。スマホを持って電話ボックスに引っ込むみたいな、錯誤的なこともしなくて済む。

 要は、音を拾って機械に吸い込んで、周囲に聞かれなければいいだけで、技術的にはイケるんじゃないだろうか。センサーを反応させて、電話機からその人の口元までの空間の振動をオフにする。ノイズキャンセリングみたいに。

 できると思うんだけどなあ。

 

 で、自己弁護をするわけじゃないんだけど、なんでもいいから(つまり非現実的であったり空想的であってもいいから)アイデアを出すってことをしていないと、しまいにはアイデアそのものが出てこなくなるらしいよ。イノベーションが起こる地盤って、どこまでバカを許すかにかかっていたりするわけです。

 でも「だからアメリカを見習え」とか、そういう話じゃなくて。

 日本は、異なる人々を結構うまくまとめている、と私は思っています。現にセーラー服おじさんやコスプレ少女が妨害されることなく街を歩いていて、社会階層が違う人たちが当たり前に同じコンビニ、同じサービスを使っていたり。

 もともと、素地の違う人と共存する能力はあるはずなんだ、だからその長所を殺さずに伸ばしていこうって、そう言いたいの。私はブラック企業の経営者やファッショの人たちを非国民呼ばわりするけど、それは日本人がもっとしなやかな人々だと思うから。

 「俺たちはこうやって働いてきたんだ」って常識を押し付ける人は、その前の日本がどんなに緩やかに寛容な社会を築いていたか知らない、無知で不勉強な人々なのだ。今こそ原点回帰、ですよ。日本ルネサンスを待望。