メルシーベビーの日常ブログ

結婚相談所の語学オタク 

金のある凡人さま

金があるだけの人間って、なんだかやだなと思った。

今日は東京でもそこそこ裕福な地域に赴いていたのだが、みんな服装が同じに見える。結婚式の二次会みたいな恰好の女の子たち、OL雑誌をそのままコピーしたような服装のキャリアウーマン。スーツ姿の男性たちに、本屋に並ぶビジネス関係の書籍。

普通の人が金だけ持ったら、当然こうなるっていうお手本みたいな人々だ。より稼ぐために本を読み、流行の服だから買って着る。大事なのはビジネスです、それ以外を考える余裕はありません、って顔をしている。身のこなしも雰囲気も、せかせかしている。そうでなければだらしなさを身にまとって、ぐでーんとしている。

経済的に豊かなのはいいことだ。でも、そこだけを目指すとああなるんだなあ。

お金があって精神的余裕があって知性があって動作が美しくて、社会への貢献も果たしているような、そういうところを目指そうとは思わないんだろうか。

お金だけある人の最大の嫌なところは、そういう雰囲気を発していることに自覚がないってとこだ。余裕なんかあるか!って全身で言ってるガツガツ系サラリーマンが、どんなに稼いだところで余裕のなさは変わらないよな、っていう、冷めた目線で見てる。