夢想家メルシーベビーのブログ

相談所の語学オタク

犯罪に感謝しろとはこれいかに

高校生のとき、ひとけのない道でスカートをまくり上げられたことがある。とっさに振り払って、その後は何事もなかったけど、とにかく不愉快だった。男の顔が微妙ににやけていたのを今でも覚えてる。

そんなのは、性被害の中でも軽いほうだ。それはわかる。でも、それを話した時に男から

「それ自体は悪いことで犯罪だけど、女として認められてるってことでもあるよね」

みたいに言われるのは奇妙だ。なんで女として扱ってくれてありがとう、と思わなきゃならないんだよ。頼んでもないのに。要求されていないことを勝手にやっておいて、感謝しろっておかしくないか。

これ、ひょっとしたら好きな男性にやられたとしても不愉快かもしれないんだよ。それが見知らぬ他人だったらゲロするに決まってる。それとも何、君は見知らぬ女にズボン下ろされても「男として見られた」って思える?嬉しいかい?思考回路わかんないし、怪しくて怖いと思うのが一般的じゃない?

「男として認められる」ってのが何を意味するかわからないけど、それっていきなり局部を触られるとかではないと思うのね。でも、それを女性がやられたら「女として認められてる」認定するのは理論が狂ってない?

痴漢がやってるのは「メス扱い」、女性が喜ぶのは「お姫様扱い」。雑な区分けだけど、そうやってまとめられると思う。お姫様は合意なしのセックスなんて喜ばないし、体に触れるなら許可が必要だ。そういうこと。

って、ここで言ってもあの痴漢には届かないんだろうけど、あの人いまでも絶対モテてはいないんだろうな。女性に縁がな過ぎてああいう行為に走ってたんだろうか。謎だ。