メルシーベビーの日常ブログ

結婚相談所の語学オタク 

毛穴を消したところでどうにもなりません

結婚相談所で働いていれば、当然妙齢のいろんな人に会うわな。

いま思い出すのは「毛穴を消したいんです」と言っていた30代女性。毛穴を消したところで、どうにもならないよなあと思った。彼女の頭の中では「毛穴を消せば綺麗になれる。綺麗になれば配偶者も見つかる」って論理なのかもしれないけど……

断言する。毛穴は関係ない。それよりは、表情筋を鍛えて自然な笑顔を研究しよう。

ちなみにこの方、ファンデーションが濃いめだったのよね……。濃い化粧は遠目からでも一発でわかる。「この人、化粧濃いなあ」ってすぐわかる。でもって、あんまりよい印象は与えない。毛穴を気にするあまり化粧を重ねるのは、本末転倒というか、木を見て森を見ずというか……

どうせやるならナチュラルメイクに見えるメイクを研究してがっつり作り込むくらいの気合が欲しいし、そうでないなら分厚い化粧だけはやめたほうがいい。基礎化粧品に金をかけよう、綺麗な素肌は宝物だから。

なんていうか、外見もすごく大事なんだけど、そこじゃない。細かすぎるんだよ、視点が。そうじゃないんだ。相手に好かれようと思ったら、気にするべきは清潔感と爽やかさ、明るい雰囲気であって、具体的に言うならファッションと姿勢、表情なんだ。だからもう一度言うけど、毛穴の前に考えるべきことがある。

特別な美人に生まれなかったからと言って絶望する必要するはなくて、だったらそれ以外の部分を全部磨くのですよ。ハンデはある。それは仕方ない。そこからスタートするしかない。それだけ。