メルシーベビーの日常ブログ

結婚相談所の語学オタク 

『女子の人間関係』いい本でした

今日はジュンク堂に行ってきましたが『人間関係』のコーナーができてました。そうだよねえ……皆興味のあることですよねぇ……アドラー先生は「すべての悩みは人間関係にある」と言いました。だって、無人島で暮らしてたら悩みとかないよね。で、手に取りやすいところにあったので見てみた本の中に『女子の人間関係』っていうのがあって、これが読みやすくてタメになる本でした。

女性の嫌なところ(相手からどう思われるかを考え過ぎる、自分が否定されたと被害者意識を持ちがち)を「女」と表記して、それとどう付き合っていくかを温かい文体で淡々と書いてある。例を挙げれば「嫉妬して張り合ってくる女とどう付き合うか?」に関してまず心理的に「それは自分ではなく彼女の問題と切り分ける」ことを提案し、次に「自分も同じ罠にはまらないために彼女の悪口を言わない」という行動を勧め、最後に「どうしたら相手と自分の中の「女」要素が癒されるか」を分析する。

精神科医の著者らしい、冷静な文章だった。

女の人特有の、結婚・出産にまつわるモヤモヤや職場の人間関係、ママ友のこと……などなど、女の人が思い悩むことを幅広くカバーしていて、きっと精神科ではそういう相談が多く来るんだろうなと思う。そういうときの対処法を知っているといないでは、心の持ち方が違ってくるよなあ。

 

女子の人間関係 [ 水島 広子 ]

価格:1,404円
(2018/9/12 22:15時点)
感想(15件)