メルシーベビーの日常ブログ

美容、音楽、趣味のブログ。生きやすくなるヒントも書いていきます。

自分の得意と苦手を知ること

 

mercibaby.hatenablog.com

 

 昨日の記事(↑)からの続きです。それぞれのタイプ別、活かしたいところや気をつけることについて書いていきます。

 

①×=「貢献者」

「貢献者」に選ばれた人は、自分から話しかけにいったり、お世話をすることが得意な人々です。その持ち前の明るさとまっすぐさを愛してくれる人たちと付き合いましょう。複雑で繊細の感性の持ち主を相手にすると、すぐに疲れてしまうかもしれません。

このタイプにとって必要なのは、たまにはお世話され、尽くされる立場に立ってみること。高級レストランで給仕してもらうもよし、誰かに小さなお願い事をして叶えてもらうもよし。あなたに何かしてもらってばかりでは、付き合う相手も「悪いな……」と考えて、ぎこちない態度になってしまうことがあります。「与える」と「受け取る」のバランスを重視した人間関係を築くようにしましょう。

 

①×=「治療家」

「治療家」に選ばれたあなたは、控えめで優しい性格の持ち主です。その謙虚さゆえに「こうしたほうがいい」とわかっていても、相手にそれを伝えられないことも。何かしてもらったときに、リアクションが薄いと思われてしまうのもこのタイプです。いつもの自分よりも少しだけ強めに喜んだり、「間違っていたらごめんね」というクッション言葉を挟みつつ「こうするのもいいと思うんだけど、どうかな?」とアドバイスするなど、自分を出すことをためらわないでください。あなたはいいものを持っていますし、それをシェアできれば多くの人の幸せに貢献できます。

 

②×=「交渉役」

「交渉役」に選ばれたあなたは、相手の行為を受け取ることに抵抗がありません。明るく「ありがとう!」と言えるのが持ち味のあなた。その明るさは素晴らしいのですが、周囲には「あの人って調子いい」と思われることもあるかもしれません。「与える」と「受け取る」のバランスが後者に偏ってしまわないよう、自分が相手にとってどんな利益をもたらすことができるか考え、相手に還元できるようにしましょう。

相手が何をしたら喜んでくれるか、受け取り上手のあなたならわかるのではないでしょうか。サプライズプレゼントが得意なのもこのタイプです。ときには誰かのために、あなたの才能を発揮してください。

 

②×=「創造家」

「創造家」に選ばれたあなたは、クリエイター気質で柔軟な思考の持ち主です。一人でもくもくと作業するのも平気、新しいことをたくさん考え付きます。痒い所に手が届くサービスを提供できるでしょう。その一方で、誰かとコミュニケーションを取り、とりわけ「お礼を言う」という行為が少し苦手。他人に対し要求の高いあなたは「これくらいしてもらって当然」と思うハードルが、人より高い傾向にあります。「当然」と思わず、相手が示してくれた好意に対し、傍目にもわかるように喜べるといいですね。喜んで見せることで、他人を幸せにできるのが「創造家」の特徴でもあります。豊かな感情表現を心がければ、それだけで周りの人を幸せにできます。

 

以上、「貢献者」「治療家」「交渉役」「創造家」の長所と改善点の解説でした。

自分の強みと弱みを理解し、活かすことが人間関係を円滑にする近道です。是非、毎日の生活に取り入れてみてくださいね。

 

金銭面での状況を解決したい方は、こちらの無料テストの受験をおすすめします。

↓ ↓ ↓ ↓

https://www.profiletest.net/